プロフィール

西野偉彦(にしの たけひこ)略歴

1984年東京都生まれ。都立青山高校卒業。明治学院大学法学部政治学科卒業。

大学では、東京青年会議所(JC)等と連携して、港区長選挙や衆議院議員選挙の公開討論会など「若者の政治参加」を推進。明治学院大学社会貢献活動奨励賞(団体)、法学部卒業生特別表彰(個人)を受賞。

2010年4月、「政治と教育」を探究するために、公益財団法人松下政経塾に入塾。

松下政経塾では、国内外の教育現場を訪問し、若者の政治的リテラシーや社会参画意識を育む「主権者教育(シティズンシップ教育・政治教育)」を研究実践。

2011年度、神奈川県立湘南台高校の依頼で「シチズンシップ教育アドバイザー」を委嘱され、授業プログラム「模擬議会」の立案に参画(総務省・文部科学省による主権者教育副教材に採用)。

2013年3月、松下政経塾卒塾。松下政経塾政経研究所研究員等を務める。

2014年4月、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程に入学(社会人進学)。

大学院では、「高校生の政治的リテラシーの習得可能性」について、高校等と連携した実践的研究を推進。

2014年9月、ドイツの主権者教育と若者参画等に関する現地調査を実施(NPO法人Rightsスタディツアー)。

2014年10月より、NPO法人Rights理事に就任。2015年6月より、副代表理事に昇格。

2015年7月、論文「18歳選挙権に伴う主権者教育に関する研究~ドイツの事例を参考にして~」で、第34回昭和池田賞を受賞。

2015年11月、論文「18歳選挙権に向けた政治教育の展開可能性」で、慶應義塾大学湘南藤沢学会第13回研究発表大会優秀賞を受賞。

2016年3月、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。18歳選挙権や主権者教育に関する研究と実践により、「SFC STUDENT AWARD」を受賞。

2016年5月より、神奈川県教育委員会が設置した「小・中学校における政治的教養を育む教育」検討会議の委員を委嘱され、座長に就任。

現在

慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

NPO法人 Rights 副代表理事

一般社団法人 生徒会活動支援協会 理事長

公益財団法人 松下政経塾 政経研究所 研究員

専門分野

18歳選挙権、主権者教育(シティズンシップ教育・政治教育)、若者の政治参加

研究者データベース「research map」

(2011年)神奈川県立湘南台高校シチズンシップ教育アドバイザー㈰